flat dialythm

盛岡桜山にあーるぅいつでも飲めるnice & smoothなお店
<< トリプルピースサンデイ | main | 模様替えしました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
calm@DJ BAR DAI
またまたお世話になってるDJ BAR DAIさんで出店です
今回はスゴく楽しみです
出店が無くても遊びに行こうとしてました
僕のすごく好きなアーティストさんです
最近出店する機会が多く、いろんな形でパーティーに参加出来て幸せです

■2.28 SAT
BOUND FOR EVERYWHERE

DJ
CALM(MUSIC CONCEPTION)
http://www.music-conception.com/
SHIRO(HEROES MUSIC)
http://shiro1620.exblog.jp

PM11:00START
MAIL RESERVE ADV (2500YEN/2D)
DAY(3000YEN/2D)


※MAILで予約すると500円お得。
info@djbardai.comまでフルネームと枚数を記載の上
当日(土曜日)午後4時までメール下さい。
それ以降の予約は無効。そして予約無しでのエントランスは3000YEN/2Dとなります。
あらかじめ御了承下さい。


以下、アーティストプロフィールです。
CALM、熊本県出身の日本チルアウトバレアリックミュージックの先駆者の一人。

'97年にシングル『Calm EP』にてデビュー。
翌年にミニアルバム『Shadow of the Earth』を、
99年には『Moonage Electric Ensemble』をリリースし、その後世界各国のレーベルへの楽曲提供でその活動範囲を更に広げ、 数々の書き下ろし、リミックス・ワーク、コンピレーションを制作。

'02年にはOrganLanguage名義でのアルバムを リリースし、Calm作品にはない肉感的なリズムを多くのミュージシャンたちと共に構築し好評を得る。
同年、自身のレーベル「MUSIC CONCEPTION」を立ち上げ、多くの新人アーティストたちに発表の機会をあたえつつ、独自のレーベルカラーを創造していく。

'03年春には3rdアルバム「Ancient future」をリリース。
今まで以上に壮大なサウンドジャーニーを表現し、確立した。

その後、'04年にダンスミュージックの為の新名義、Calm presents K.F.での活動を開始する。
同年、K.F.でのフルアルバム「KeyFree」をリリース。同名義作品「Shining Of Life」は
シングルリリースにて世界規模でのヒットとなる。

最近はアーティストとしての作品発表以外にK.F.名義のバンドでのライブ活動や豊富な知識を生かすDJとしても多くのイベントに出演し、レーベルアーティスト作品のプロデュース、
更にはミックスエンジニアとしても活動している。

2006年にTHA BLUE HERBのILL-BOSSTINOとJAPANESE SYNCHRO SYSTEMという名でも活動。


◎SHIRO PROFILE
78’ にクラフトワークやYMOの電子音楽に興味を持ち、80’前期には仙台でテクノバンドを結成。中学三年の時にライブを行い、ドラム、キーボードなどを担当。当時仙台市体育館で行われたLive Under the SKY JAZZ LIVE 83’にてマイルスデイビスやハービーハンコックのライブを体感し多大な影響を受ける。同年、本格的にDJ活動開始。高校一年で仙台市内数々CLUB、 DISCOに入り浸り、タイムリーにダンスミュージックの歴史を体感。80’年後期より盛岡に拠点を置きBamboo / DJBARDAI / nail / Regency / Pacheduex / GRAM / Players Cafeなど数々のCLUBやDISCOでPLAYを重ねる。現在ではDJBARDAIを拠点に活動中。

ジャンルを問わない黒い良質な音楽を独自の視点でMIXする、その類い希なセンスでリアルなPARTY PEOPLEを魅了し続けている。

04’ 7月、代官山UNITにて行われたMusic-Conception PRESENTS “MOONBEAMS”(Live ACT Calm featuring Moonage Electric saxtet)においてはDJとしてUNITのオープニングを飾り、Calmが信頼するDJとしての責務を果たし、唯一無二のオリジナルな存在感を放つ。

同じく04’夏、北海道から沖縄まで各地で週末ごとにパーティを開催しながら日本を横断する
トリップスターの『THE BUS』ではDJ参加。メジャー、アンダーグラウンド問わず、数多くの良質なプレイヤー、クリエイターとの交流も深くその活動は多方面から注目が集まっている。
| changtara2000 | - | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:38 | - | - |










一番上へ